節約・コスパ

【評判】アイリスオーヤマの圧力IH炊飯器(KRC-PC30-B)を購入!

✓読者の悩み

アイリスオーヤマの圧力IH炊飯器って評判はどうなの?

ヒトシ

みなさんこんにちは、ヒトシ(@hitoshi_tochigi)です。今回は上記の悩みについてお答えします。

✓本記事の内容

外観について

購入の決め手を解説

実際に使って気がついた良かった所を解説

気になる炊け具合は?

✓本記事の信頼性

この記事を書いている著者は、実際にアイリスオーヤマの圧力IHの炊飯器(KRC-PC30-B)を購入して使用しています。

↓今回購入したモデルはこちらです!

外観について

まず外観の色は、黒色に近い茶色で落ち着いたカラーとなっています。また、ゴールドのアクセントカラーが入っています。

ボタンはすべてタッチパネル式になっています。

内蓋のカバーや蒸気出口のカバーは簡単にとりはずすことが出来ます。

釜は銅釜製となっていて重厚感のある釜となっています。

また炊飯器以外の付属品として計量カップが3つ(白米用1合/0.5合、無洗米用1合)、しゃもじと洗米棒、取り扱い説明書が入っていました。

ヒトシ

洗米棒は、手を濡らさず米研ぎができるのでとても便利で毎回使っています。

購入の決め手を解説

それでは、ここからは著者がこの炊飯器を選んだ理由について述べていきます。

今回購入の決めてになったのは主に以下の3つの理由です。

他社を圧倒する手頃な価格

有名なメーカー

入れる水の量を計算してくれる

よそったお米のカロリー計算機能がある

ヒトシ

それぞれを以下で詳しく解説していきます。

他社を圧倒する手頃な価格

私は、今回5.5合炊きの圧力IH炊飯器を購入しました。

家庭用炊飯器には、主にマイコン式、IH式、圧力IH式の3種類があり圧力IH式は最も価格の高い傾向にあります。

今回購入した炊飯器は約19,000円で購入をしました。これは、競合他社と比べると破格です。

例えばAmazonで同じ他社メーカーで5.5合炊きの圧力IHを検索すると価格帯が25,000円~30,000円付近で推移しています。

ヒトシ

5,000円以上の安く買えるのはとても魅力的ですね!

有名なメーカー

私が購入した炊飯器のメーカーはアイリスオーヤマです。

これは日本メーカーでここ宮城県仙台市に本社を置く会社です。CMなどでも最近よく目にすることが増えてきました。

アイリスオーヤマは高品質で低価格を売りにしている会社であり、とてもコスパの良い製品が並んでいるのが特徴です。

ヒトシ

公式HPで様々商品を見られるので1度見てみてください!

入れる水の量を計算してくれる

お米を炊くときに水を入れる量を失敗して、炊けたお米がいつもよりちょっと柔らかかったり硬かったりしたことはありませんか?

この炊飯器には、入れたお米に対して何ccの水を入れたら良いかが5g単位で表示してくれる機能があります。

この機能がとても便利で極端に言うと、例えばきっちり1合のお米を入れなくても、表示される水の量を入れてくれればおいしく炊くことが出来るのです!

しかも水を入れる時は残り何cc入れるのかを表示してくれるので、いちいち測って入れる必要はありません。

ヒトシ

毎回この機能を使っているおかげでいつもおいしいお米が炊けてます。

よそったお米のカロリー計算機能がある

炊けたお米をよそう時によそったお米が何kcalかを表示してくれる機能があります。

この機能があれば糖質制限をしている方やダイエット中の方にとても便利です。

ヒトシ

私は、健康志向なのでこの機能はとても重宝しています。

実際に使って気がついた良かった所を解説

ここからは、実際に買って使ってから気が付いた便利だと思った機能をご紹介します。

主に以下の4つになります。

炊けるまでの残り時間が表示される

コンセント未接続時でも時間が表示されている

内蓋をしないと、蓋がしまらない

コンセントが巻き付けタイプ

ヒトシ

それぞれを以下で詳しく解説していきます。

炊けるまでの残り時間が表示される

この製品は、炊飯のスタートボタンを押したら瞬時に残りの炊飯時間が表示されます。

前使っていた炊飯器は、炊ける時間が残り15分くらいになると残り時間が表示されるタイプでしたので途中であと何分だろうと見に行く必要がありとても面倒でした。

ヒトシ

時間がはじめにわかるのは時間管理が楽になりとても便利です。

コンセント未接続時でも時間が表示されている

この炊飯器には、内部バッテリーが備わっていてコンセントに接続していない時でもはじめにセットした時間設定で表示をしてくれています。

ヒトシ

我が家では一気に炊いて冷凍保存しておくことが多いのでコンセントは1日2時間ほどしかつないでいませんが常に時間表示されています。

前に使っていた炊飯器には、内部バッテリー機能がなかったためコンセントを抜く度に時間がリセットされてしまいその都度設定するのが面倒でした。

内蓋をしないと、蓋がしまらない

私は、内蓋をしないでご飯を炊いてしまったことが何度かあります。

しかしこの炊飯器は、内蓋を付けていないと蓋を閉めることができません。

ヒトシ

こんなところに気づかいがあるのはさすが日本の会社ですね!

コンセントが巻き付けタイプ

炊飯器のコンセントには、磁力で取り付けられる仕様もありますね。

ヒトシ

私の前の炊飯器は磁石式タイプのコンセントでした。

磁力式だと別々になってしますので管理が面倒です。

しかしこちらの製品は、内部に巻き付けタイプのコンセントとなっているため置く場所に困りません。

気になる炊け具合は?

それでは最後に実際の炊け具合について解説していきます。

我が家ではコシヒカリを食べておりますが、前に使用していた3合炊きのIH炊飯器と比較すると、今回の圧力IH炊飯器はさらにおいしくなっています!

ヒトシ

これは、もともとそんなにお米を食べなかった妻が炊き立てをいつも試し食いするレベルです(笑)

お米は1粒1粒がしかっりしていて、食べていてとても甘味がありおいしいです。

同じお米で以前使っていいたIH炊飯器と食べ比べてみても一目瞭然でわかるレベルでした。

ヒトシ

やはり圧力IH炊飯器は良いですね!

以上となります。

当ブログ「お金に困らないブログ」では、様々なジャンルの記事を書いていますので、ぜひ他の記事もご覧ください!

↓今回ご紹介したモデルはこちらです!