スマホ料金

ソフトバンクからラインモ(LINEMO)に乗り換えたらメリットばかりでした!

✓読者の悩み

・どのくらいお得になるの?

・回線速度は本当に問題ない?

・乗り換えが1人で出来るか不安。

ヒトシ

みなさんこんにちは、ヒトシ(@hitoshi_tochigi)です。今回は上記の悩みについてお答えします。

✓本記事の内容

・乗り換え前との料金と通信量の比較

・実際接続しての検証結果

・ソフトバンクからラインモへの乗り換え方法

最近兄がスマホ料金に悩まれていたので相談に乗り対応しました。もともとソフトバンクを利用していましたがそこからラインモ(LINEMO)に乗り換えました。

実際に行った作業や感想を詳しく述べます。

LINEMO

乗り換え前との料金と通信量の比較

ラインモ(LINEMO)は、ソフトバンクが運営するオンライン専用ブランドです。

今回、家族がソフトバンクを利用していて、毎月の料金に悩まさられていいた為ラインモの切り替えを行いました。

この章では、実際に切り替えて見ての料金とサービスのメリットを解説していきます。

料金のメリット

結論から申しますと毎月の料金が

10,000円から2,728円になりました

毎月約7,000円以上の節約です。

もともソフトバンク契約時のある月の通話料を除いた料金の内訳が以下です。

内訳料金
基本料 ホワイトプラン934円
定額料 パケットし放題フラット for 4G5,700円
月額料 ウェブ使用料300円
月額料 あんしん保証パックプラス650円
月額料 スマートフォン基本パック500円
情報料 App Pass370円
合計(税抜)8,454円
ソフトバンク利用時の内訳

税込みにすると9,300円です。これに通話料が入ると10,000円超える月もあります。

一方でラインモに変更後の料金の内訳です。

内訳料金
スマホプラン2,480円
通話準定額550円※
合計(税抜)3,030円
ラインモの内訳

※1年間は通話オプション割引キャンペーンにより無料

通話準定額は、5分以内の国内通話が550円でかけ放題のプランです。

但し上記※のように1年間は、無料なので税抜2480円で利用できます。税込みにすると2,728円になりました。

ヒトシ

毎月7,000円以上の節約は年間で84,000円の節約になりました!

また、よく大手キャリアを解約すると違約金がとられます。しかし、ラインモはもともとソフトバンクの運営会社のため違約金なしで乗り換え可能でした。

そのほかの契約手数料やSIM発行手数料などすべて無料でした。

サービスのメリット

サービスのメリットは、通話面と通信データ面についてお伝えします。

通話面のメリット

以前のソフトバンク契約時は、ホワイトプランに加入していました。ソフトバンク同士なら午前1時から午前9時まで通話無料の料金プランです。それ以外の通話に関しては、料金が発生してしまいます。

なお現在このプランは、新規加入は受け付けていません。

そして、ラインモは通話オプションから選べる通話準定額を選びました。これは、5分以内の国内通話でしたら月額税込550円で通話し放題のプランです。

また、現在は「LINEMOでたもんキャンペーン」のため1年間はこの料金が無料になります。

ヒトシ

使用者の兄の場合は、通話で5分を超えることはないと言っていたのでベストな選択でした!

通信データ面のメリット

以前は「パケットし放題フラット for 4G」に加入していました。これは、月のデータ使用量は7GBしか使えません。また7GB超過後の通信速度は128kbpsになってしまいます。

一方で、ラインモはスマホプランに加入しました。これは月のデータ使用量は20GBも利用できます。

また、「LINEギガフリー」と言ってLINEのトークと通話はデータカウントされない仕組みです。

ヒトシ

LINEビデオ通話をするとデータ量が気になるところですが、LINEギガフリーならカウントフリーなので安心です。

さらに20GB超過の通信速度も最大1Mbpsとなります。1MbpsならネットサーフィンやYoutubeの軽い動画視聴も出来るのでかなり便利です。

実際接続しての検証結果

ラインモは、ソフトバンクの回線をそのまま利用しているので通信速度に影響は出ないはずです。

ですが、これだけお得に使えるとどうしても本当にちゃんと使えるか疑ってしまいますよね。

ということで実際の通信読度を測定しました。

ヒトシ

ただ、比較として乗り換え前の速度を測り忘れてしまいました(汗)

測定した環境は以下です。

測定環境

天気 雨

地域 栃木県

場所 室内

お昼12時に測定した結果がこちらです。

また、夕方5時頃にも測定した結果がこちらです。

この日は雨が降っていましたが10Mbps前後出ているので一般的かと思います。また少し速度が遅い気がしますが生活エリアがご覧のように電波アンテナ1本のような所なので仕方ないと思います。

しかし利用に支障はありませんでした。

ソフトバンクからラインモへの乗り換え方法

実際に行った乗り換え方法について解説します。

まず今回行った乗り換えの条件は下記になります。

乗り換え前キャリアソフトバンク
使用端末AQUOS Xx3(ソフトバンクで購入)
SIMロック未解除

今回は、上記と同じ条件を想定しての乗り換え方法を解説します。

また以下の3段階に分けて解説します。

申込前にやること

申込でやること

申込完了後にやること

それでは以下の章で解説していきます。

申込前にやること

まずは、ラインモで利用するスマートフォンを用意します。

私の場合は、もともと利用していたスマートフォンをそのまま利用しました。

また、そのスマホがラインモで使えるか動作確認をする必要があります。

また、SIMロックがかかっているスマートフォンはSIMロックの解除が必要です。

ただ、ソフトバンクとワイモバイルで購入したスマートフォンについては、解除不要でご利用できます。

私の場合はソフトバンクでの購入品でしたのでSIMロック解除不要でした。

SIMロック解除とは?

ソフトバンクやワイモバイルから乗り換える方は、「My softbank」や「My Y!mobile」の登録情報を最新化してください。ここで登録されている情報がラインモに引き継がれます。

特に住所は、引っ越しをしている方は、ちゃんと確認しましょう。

申込でやること

申込で行うことは以下です。

SIMの選択

My Softbankへのログイン

スマホプランの選択

通話オプションの選択

支払い方法の選択(クレジットもしくは口座振替)

申込は、簡単で10分もしないで完了しました。

前記したように、「My Softbank」のログイン作業がありますので、IDとパスワードの確認は事前にしておくことをおススメします。

申込が完了すると申込完了メールが届きます。

申込完了後にやること

SIMカードが届きます。

私は、前日午後2時頃申し込んで翌日のお昼前に届来ました。

とても対応が速いです。

中身は、SIMカードと解説書の2つのみでした。

そしてソフトバンク端末を使ったので乗り換えはとても簡単でした。

大まかに行ったことは以下になります。

回線切り替え(WEBもしくは電話)

SIMカードの挿入

SIMロック解除コードの入力

回線切り替えでは、ソフトバンクで設定していた4桁の暗証番号が必要です。

感想は、とても簡単でした。私は、回線切り替えは慣れているので15分程で終わりましたので初めての方も30分はかからないと思います。

ソフトバンクやワイモバイルで購入した端末ですとAPN設定が自動で行われるため不要でした。

LINEMO

以上となります。

コメントやご質問ありましたらご気軽にお待ちしております。

サイト内お問い合わせフォームまたは、SNSのダイレクトメール等からご送信下さい。

SNS(Twitter, Instagram, Facebook)の「いいね!」や「フォロー」も是非お願い致します。

最近、はてなブックマークのアカウントを作成しましたのでよろしければブックマークして頂けると今後の励みになります。