楽天経済圏

楽天証券のマネーブリッジとは?初心者にもわかりやすく説明します。

ヒトシ

今回は、下記の疑問にお答えします。

  • マネーブリッジとは何か
  • どういったメリットがあるの?

✓本記事の内容

  • マネーブリッジの内容について
  • マネーブリッジを利用するメリットをお伝えします

この記事を書いている著者は、楽天証券口座と楽天銀行口座を保有しています。わかりやすく説明していますので是非ご覧ください。

マネーブリッジの内容について

マネーブリッジとは、楽天証券と楽天銀行の口座を連携させるサービスです。証券口座にて、株式等を購入する時は、証券口座に入金する必要があります。

購入の都度入金するのは、面倒ですよね。そんな手間を解消してくれるのが「マネーブリッジ」です。

この連携をしておくと株式等を購入時にいちいち証券口座に入金する必要がなくて手数料が無料で自動的に楽天銀行から必要な金額を入金してくれます。

マネーブリッジの説明

例えば、A社の株を購入ずるのに10万円必要だとします。その際、証券口座で購入の注文時に10万円が自動で楽天銀行口座から楽天証券口座に即時入金されます。

また、株式等を売却時は出金も自動で行ってくれます。例えば11万円でA社株を売却した時は、売却後数日たつと自動で楽天証券口座から楽天銀行口座に出金されます。

※追記

当初は日本株式のみでしたが2021年4月4日から米国株式の購入にもマネーブリッジの利用が適用開始となりました!詳しい内容は公式HPをご覧ください。

マネーブリッジを利用するメリットをお伝えします

マネーブリッジのメリットは、主に3つです。

金利が優遇される

自動入金が使えて入出金の処理が楽

ハッピープログラムでポイントがたまる

いつずつ詳しく解説していきます。

金利が優遇される。

マネーブリッジを利用するうえで1番のメリットと言ってもよいでしょう。

一般的に今の銀行の普通預金の金利は、0.001%程度です。

ですが、楽天銀行でマネーブリッジを利用した場合の金利は、0.1%になります。なんと一般的な金利の100倍です。

例えば普通預金に100万円あるとします。一般的な銀行だと金利が0.001%ですので、

100万円×0.001%=10円

10円しか利息がつきません。

一方楽天銀行(マネーブリッジ利用)の場合は、

100万円×0.1%=1000円

となり、大きく違います。

ヒトシ

実際には、利息に対して税金20%程引かれて振り込まれます。

自動入金が使えて入出金の処理が楽

こちらは、前章の「マネーブリッジの内容について」で説明した内容ですがやはり便利な機能であると言えます。

ヒトシ

入出金をいちいちしなくてよいのでやはり便利です。

ハッピープログラムでポイントがたまる

ハッピープログラムとは、楽天証券で国内株式等の取引をすると楽天ポイントがたまるプログラムです。その他ポイントが貯める対象取引は色々あります。

公式HPに内容がありますので合わせてご覧ください。

ハッピープログラムにエントリーしていない人は簡単ですのでエントリーをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。コメントありましたらお問い合わせからお願いします。またTwitterやFacebookやっていますので是非フォローしてください。