楽天モバイル

【楽天モバイル】楽天回線エリアに繋がらない時の対処方法

✓読者の悩み

・楽天回線エリアに繋がっているか知りたい

・繋がらない時の対処法を知りたい

・実際のユーザーの感想を知りたい

ヒトシ

みなさんこんにちは。ファイナンシャルプランナーでお金に困らないブログ運営者のヒトシです。今回は上記の悩みについてお答えします。

✓本記事の内容

・繋がっている回線の確認方法

・繋がらない時の対処法

・実際に使用してみての感想

私は、2021年2月から楽天モバイルをメイン機として利用しています。生活拠点は北関東です。そんな私が実際に行っている対処法や感想を述べましたので参考になりましたら幸いです。

繋がっている回線の確認方法

楽天モバイルを利用している方は、楽天回線とパートナー回線を利用することになります。楽天回線は、楽天モバイルの独自回線です。一方のパートナー回線は、auから電波を借りて利用しています。

現状、楽天回線は、都心を除きまだまだ普及は少ない状況ですので多くのエリアでは、パートナー回線を利用しているのが現状です。

そんな中まずは、自分のいる場所が楽天回線対応エリアなのかを確認する必要があります。確認の方法としましては、楽天モバイル公式サイトから確認出来ます。手順としては以下の通りです。

楽天モバイルサイトホーム

メニュー

通信・エリア

現在を選択

すると4Gエリアと5Gエリアの対応済み箇所がわかります。表示は、現在のエリア以外にも今後の拡大予定エリア表示の選択もあるので間違わないように注意していください。また現在地機能が使えるのでそれを利用すると今の居場所の回線状況がわかって便利です。

ヒトシ

楽天回線エリアの濃ピンク色とパートナー回線エリアの薄ピンクが少し見づらいので気を付けて確認してください。

そして、楽天回線に繋がっているかを確認する方法は、楽天モバイルアプリである、my楽天モバイルを利用します。そこのホーム画面で以下のように「楽天回線エリア接続中」もしくは「パートナー回線エリア接続中」と表示されます。

繋がらない時の対処法

ここからは、楽天回線エリアにお住まいなのに繋がらない場合の対処法をお伝えします。これらの方法は、一部は楽天公式サイトでも推奨されていますので1度試してみて下さい。

1.機内モードに入れる

2.再起動する

3.ベランダや窓際に置いてみる

機内モードに入れる

普段まず利用する対処法で1番行っているのが1度機内モードにしてつなぎ直すということです。これは楽天公式で紹介されている方法です。機内モードにすることによって、1度スマホが電波を探し直すので楽天回線に繋がることがあります。

再起動する

2つ目の方法が再起動や1度シャットダウンすることです。これは、楽天公式で紹介されています。しかしこれは、個人的には、前で述べた機内モードに入れる方法とさほど効果が変わらないと感じています。結局、機内モードと同じく通信を繋ぎ直す作業になります。また再起動は、起動までに時間がかかりますが機内モードなら早く対処出来ます。

ベランダや窓際に置いてみる

どうしても室内ですと場所によっては、電波の悪いところがあります。そういう時に比較的電波の良いとされているベランダや窓際付近に置いておくと繋がる事がよくあります。

著者は、現在Rakuten Handをメイン機として他の端末の通信もこのRakuten Handのデザリング機能を利用していますのでよくこの方法を実践しています。

実際に使用してみての感想

回線の繋がりやすさには、住んでいる場所の影響はあります。それを踏まえて参考までにまず私の生活環境は、以下に示します。

使用機器;Rakuten Hand

地域:北関東

最寄り駅から徒歩10分のアパート(5階建て)の2階

回線エリア:楽天回線エリア

実際の感想は、結構繋がらない時が多いです。特に、天気が悪いときは繋がりません。感覚的な話ですが、曇りだと楽天回線に繋がる確率が50%で、雨だと10%ぐらいの感覚です。

そのほかにも夕方は繋がりにくい傾向にある気がします。

補足:通話品質に関して

楽天モバイルは、アプリの楽天リンクアプリを利用すると通話料が基本すべて無料になります(1部例外あり)。 しかしこの通話品質は、正直あまりよくありません。

今まで通話中に起きた問題を以下にまとめました。

・通話中に音が途切れる。

・大きくしゃべっていても音が小さくて聞こえづらい

・雑音が入る

ヒトシ

実際の所ライン通話の品質が楽天モバイルより良く感じます。

以上となります。

コメントやご質問ありましたらご気軽にお待ちしております。SNS(Twitter, Instagram, Facebook)もやっていますのでフォローお待ちしています。

「お金に困らないブログ」と検索すると出てきます。