節約・コスパ

【レビュー】ワークマンのスニーカーが1990円とは思えないクオリティーで即買いした。

最近のワークマンはすごい。以前は、正直建設業の人たちが利用するようなイメージだったが今は一新している。

店内をみても確かに女性客もいるほどである。

そんななか、今回1,990円という驚きの安さで靴を購入したのでレビューをしていく。

購入した経緯

もともと、ナイキのエアマックスを愛用していた。デザインもスタイリッシュですごく気に入っていた。

↓全く同じモデル

しかし、購入して1年が経過したくらいにエアーが破裂した。

値段も10,000円以上したのでさすがにショックだった。かなり、気にいっていたのでいっそのこと同じものを買うか迷ったが気になるのはやはり価格であった。

そんな中、たまたまワークマンの靴の記事をみて気になる商品があった。

それが今回購入したスニーカーである。値段はなんと1,990円。

それでは、ここから実際に使ってみた感想をのべていく。

デザインとラインナップ

カラーは、4色展開されている。その一覧は以下である。

ブラック

レッドダリア

ホリゾンブルー

ライトグレー

色は公式HPに掲載してある。

私は、いつでも履ける靴を探していたのでブラックにした。

サイズは、23センチから27センチまでは、0.5センチ刻みでありあとは28センチがある。27.5センチはラインンナップにない。

普段27.5センチと使う私は27センチが、入らなかったので28センチを購入した。28センチは、少し緩かったが紐で調節して履くことにした。

デザインは、流行りの厚底スタイルである。足首部分はすこし、絞られている。全体的にメッシュ素材になっているので通気性に優れている。

履き心地

実際に履いてみると非常に歩きやすい。やはり、厚底デザインがきいているように感じる。

そして、靴が軽いというのも良い効果をもたらしている。

砂浜を歩いたり、アスファルトを歩いたりしたが今まで使っていたエアマックスと同じくらい疲れない。軽さは、エアマックスより断然軽い。

靴底についているワークマン独自開発機構のBounceTECH(バウンステック)機能のお陰か、歩いていても弾むようである。

また、靴裏面は、滑りにくい素材と形状が採用されていてグリップ力に優れている。

デザインもブラックを選んだので色んなコーデに合わせやすい。

これから、愛用していくことにした。

以上となります。

コメントやご質問ありましたらご気軽にお待ちしております。

サイト内お問い合わせフォームまたは、SNSのダイレクトメール等からご送信下さい。

SNS(Twitter, Instagram, Facebook)の「いいね!」や「フォロー」も是非お願い致します。

最近、はてなブックマークのアカウントを作成しましたのでよろしければブックマークして頂けると今後の励みになります。